江ノ島はおすすめデートスポット

江ノ島は都内や横浜市内から近く、レジャー気分が味わえるため、デートスポットとしてもとても人気の場所です。
観光スポットも多くありますし、水族館や海といったレジャーも楽しむことができます。

ブラブラと目的なく歩いていても十分に楽しむことができますが、せっかくならばある程度デートコースを決めて散策をしたいものです。
そこで、ここでは海を間近に感じることができる隠れた穴場スポットである江ノ島浪漫コースをめぐるデートコースを紹介していきます。

江ノ島浪漫コースとは

江ノ島浪漫コースというのは江ノ島の中でも起伏の激しいエリアを指します。
他のエリアよりも奥まっているために地形の起伏が激しくかなりハードな運動をすることになりますが、眺望の良い場所も多いですし海を間近に見ることもできます。

自然がそのまま残る場所も多いですし、歩くのが大変ということであまり人がいないのも魅力です。
せっかくのデートですから色々と非日常が楽しめるこのエリアを二人でゆっくりと巡ってみましょう。

コース概要

このコースを歩くとなると外せないのが恋人の丘です。
相模湾を臨む高台にあり、ここで鐘を鳴らすと二人は決して別れることがないといういわれがあります。
そのため二人で鐘を鳴らして永遠の愛を誓ってコースをスタートさせましょう。

恋人の丘から10分ほど歩くと稚児ケ淵につきます。
ここは岩前に広がる岩場が関東大震災で隆起をしたと言われています。
絶好の磯釣りポイントということで釣りを楽しんでいる人も多いです。

釣りをしなくても岩の割れ目から小さな貝や笑みが泳いでいる様子が観察できます。
ここはとても滑りやすいですしフジツボもあるので歩くときには注意が必要です。
二人でちゃんと足元を確認しながら歩くようにしましょう。

稚児ケ淵には岩屋と片瀬海岸とを結ぶ遊覧船も走っています。
島内の階段がきついものとなっているので、もしも歩くのがきついと感じたり、電車や車に乗るために片瀬方面に戻りたいというときには遊覧船で戻るという方法もあります。
そのため遊覧船で戻ろうと思う場合には、稚児ケ淵に来るのを最後にするようにしましょう。

以前は通行止めとなっていましたが平成5年に再整備がされて今では岩屋の見学ができるようになっています。
チケット売り場でろうそくをもらって探検するのはなかなか他のところでは味わえないものですからぜひ探検して来ましょう。

参道への抜け道はかなり急なものであり、登るのはハードです。
ただし映画にも使われた昔ながらの道は歩いていてとても楽しいものです。
体力があれば西側の鳥居まで抜けてそのまま歩いて江ノ島神社を参拝するのがおすすめですがもしも疲れてしまったらエスカーで移動しましょう。