妙本寺とは

妙本寺とは鎌倉駅から徒歩10分ほどのところにあるお寺です。
あまり知られていないかもしれないですが、実は妙本寺は日蓮聖人を開山に仰ぐ、日蓮宗最古の寺院です。

この由緒正しい寺院はとても落ち着いた雰囲気の境内で四季折々の花を楽しむことができます。
そのためどの季節に訪れても季節を感じられます。

妙本寺を訪れるならばぜひ春に

妙本寺は四季折々の景色を楽しむことができますが、特に春の桜の季節は絶景です。
桜とお寺との景色は眼を見張るものがあります。
ぜひ春に訪れて満開の桜を堪能して見ましょう。

桜も大きなソメイヨシノが境内にありますが、それ以外にも祖師堂の前に八重桜もあります。
時期のよって咲く時期が違ってくるのでどちらのシーズンに合わせるかを考えて足を運ぶのがオススメです。

また、もしもソメイヨシノが満開の時期を逃したと思っても、ソメイヨシノと八重桜のシーズンはズレがあります。
そのためソメイヨシノの満開を逃したとしても八重桜の見頃の時期に足を運ぶことができます。

さらにソメイヨシノと八重桜の間にはカイドウも咲きます。
カイドウはソメイヨシノの次に咲き始める花で桜同様にピンクの花をつけるものです。

桜とは見た目が違いますがその姿もとても美しく見頃のシーズンにはカイドウを見たくて集まる人も多いです。
もしもソメイヨシノのシーズンを逃したと思ってもそこから計画を立てればカイドウや八重桜の季節には間に合いますから安心してスケジュールを立てるようにしましょう。

見頃はどうやって確認するのか

昔は桜の見頃がどのくらいかということを考えてそのシーズンに合わせて目的地を訪れるものでした。
そのためソメイヨシノであれば3月下旬から4月の初めのあたりで訪れる人がほとんどです。

しかし、最近では温暖化の影響もあり今まで以上に満開の時期がずれることが増えています。
せっかく桜を見たいと思って足を運んだのに桜が咲いていないというのは悲しいことです。

そこで、最近ではアプリを利用したりSNSを利用したりして事前に桜がどのような状況であるのかを確認した上で参拝しに行くという人が増えています。
桜の状況を知ることで満開時期の予測を立てることができますから足を運んだ際に桜が全く咲いていないとう最悪の状況は避けられます。