介護福祉士の給与

介護福祉士は働く事業所や雇用形態によっても給与は変わります。
ただ、一般的な施設で働く正規職員の場合でもほかの仕事に比べると高いとは言えない状況です。

正規職員で施設で働いた場合、毎月の給与が15万円から17万円、年収は250万円から400万円ほどといわれています。
施設の場合には夜勤が月に4日ほどありますし、日曜や祝日に当番の場合もありますから勤務も変則勤務です。
精神的にも肉体的にもかなり重労働であり、給与が少ないという声も高まっています。

実際、給与の面で納得できないということで仕事を離れていく人も多いです。
そのため今後は給与面での改善が求められています。

給与条件の良いところを探す

介護福祉士として働くにあたって、給与の面で不安があるという場合には少しでも条件の良い事務所を探すというのが一つの方法です。
事業所には社会福祉法人、医療法人、などがありますし、民間企業もあります。
中でも社会福祉法人は都道府県の公務員に準じて給与体系が組まれていることも多く、手当や福利厚生の面ではしっかりとしているところが多いです。

また、施設によっては資格手当がつくというところもあります。
介護福祉士の資格があるということで毎月手当が3000円から10000円ほどつくことがあり、これはとても大きいです。
基本給が安かったとしても、休日手当や夜勤手当などがつくこともありますし、福利厚生が良いという場合もあります。

そして中には介護福祉士の上位資格となる介護支援専門員の資格を取得する人がいますが、これも待遇で優遇されるものです。
キャリアアップにもなり仕事で役立つ場面も多いですし給与の面でも優遇されるようになります。

介護福祉士の初任給

介護福祉士は学校を卒業して就職する場合、多くの人たちは特別養護老人ホームをはじめとした介護施設に就職します。
それらの施設の初任給は16万円が相場です。

同じような仕事として訪問介護の事業所は給与が低いということであまり選ばれていません。
なおかつ仕事としても家事をすることもあり介護以外の内容が多い場合もあるため避けられることが多いです。
また、ホームヘルパーは主婦が多いということで同僚が同世代ではないことが多いということも理由としてあります。

介護業界はまだまだ人手不足でありニーズのある業界です。
そのため最近ではほかの仕事からの転職者も多くなっています。
主婦が育児がひと段落して社会復帰する際にも選ばれるほど仕事は見つかりやすいです。

初任給についてはそういった人たちでも大学生でも同じくらいから始まります。
30代を過ぎてからも基本給が12万円ほどで手当がつくだけということも多いです。
そのため男性が家族を養う仕事として選ぶのには少し無理がありますが、扶養の範囲名で働きたいと考えている主婦であれば雇用形態を調整すれば十分扶養の範囲内で働けます。