女性の髪を乾かす美容師

美容師の年収相場

お金のために働いているわけではないと言われますが、やはりお金は大事です。
給与をもらわなければ生活できませんから、ある程度の給与相場は知っておくべきです。

美容師の年収は平均すると285万円ほどと言われています。
一般企業の平均年収が400万円ほどであると言われていますから、これは決して良い金額であるとはいえません。

しかし、美容師が勤めている環境によっても年収は大きく違ってくるものです。
そのため職場や役職によっては相場以上の給与をもらっているという人も多いです。

特に個人経営の美容室と全国規模のチェーン店では給与体系も違いますし、福利厚生の面でも違ってきます。
そのため、一概に給与が高ければ良いとはいえず、福利厚生の面までしっかりと確認した上で、トータルで待遇の良し悪しを判断することが重要です。

美容師の初任給

美容師の年収が低いからといってずっと年収が低いわけではありません。
独立開業している人でとても人気があり連日お客さんが来るという美容院であれば平均年収よりも圧倒的に稼いでいるという人もいます。
また、待遇や勤続年数によっても給与は変わって来るものです。

アシスタント時代は勤務したてですし美容師としての業務に携わることができないので最も給与が低い時期になります。
東京の一等地にあるようなネームバリューのある美容院だと初任給が10万円前後ということも少なくありません。
地方の美容室で新卒採用された場合には18万円ほどということもあり、相場平均ほどの初任給をもらっているというケースもあります。

このように働く場所や美容室によって新卒の給与も大きく違ってきます。
また、新卒の給与が低くても、青山や表参道のような一等地であれば将来的にお店の中のトップスタイリストとなれば年収が平均年収を超えることもあります。
ですから初任給が安いからといってその後の年収も上がらないというわけではないのです。

スタイリストとしての給与

アシスタントからスタイリストに昇格をすると、一般的に給与は20万円前後になることが多いです。
多くの美容院は指名料で個人のインセンティブがつきます。
そのため毎月固定給だけでなくその月に担当した顧客の数によっても給与が変動することが多いです。

ボーナスについては制度の有無が美容院によって異なります。
しかし一般企業のように給与とは別にしっかりとボーナスがもらえるという美容院はほとんどなく、多くの場合には少しだけボーナスが出る場合や全くないという美容院の方が多いです。

トップスタイリストと呼ばれる美容院内でも指名が多く人気の人でも年収が300万円前後という人も少なくありません。
一昔前に流行したカリスマ美容師のようなごく一握りの人であれば年収が1000万円を超えることもありますが、多くの場合には最大年収は800万円ほどであると言われています。