美容師になるには

美容師として働くには美容師国家資格を持っていなければなりません。
そのため、運転免許を取得するために自動車学校に行くように美容師になるためにも専門学校に通う必要があります。

この美容師になるための学校は厚生労働省が指定する美容学校であり、昼間部2年、夜間部2年、通信科3年というように通学年数も指定がされています。
この学校に通って必要な単位を取得して修了すると国家試験の受験資格を得ることができ、国家試験に合格すれば美容師として働くことができるのです。

そのため、ただ学校に通っているだけでは美容師になれません。
学校できちんと美容師になるためのスキルを学び、国家試験のための対策をしておくことが必要です。
美容師としての技術も必要ですが、国家試験に合格するための知識も必要になります。

美容師の働き方

美容師といえば多くの人が美容室で働いている姿を想像します。
実際、多くの人が美容師として全国の理髪店で働き、将来的に独立したりチェーン店の一つを任されたりすることが多いです。
しかし、それ以外にもヘアメイクアーティストとして働くという場合もあります。

それ以外にも中には結婚式場の美容室で働くという人もいます。
同じ美容室ですが、結婚式場は新郎新婦のヘアメイクをしたり、その家族のヘアメイクをしたりします。
そのため一般的な美容院のように髪の毛をカットするよりはヘアアレンジがメインの仕事です。

最近では結婚式場の仕事は人気が高く結婚式場で働くのはかなりの高倍率です。
ただし基本的に美容師の仕事自体は就職率が高く、多くの人が美容学校に通っている時に就職先を見つけて内定をもらった状態で国家試験に臨んでいます。

美容師に求められるスキル

美容師として働くためにはカットやカラーリング、パーマネントウエーブ、セットといった一通りの技術を学ばなくてはなりません。
国家試験を合格して免許を取得して働き始めても、この時はまだまだこれらのスキルが十分な状況ではないです。
そのため、働き始めてすぐの段階から美容師としてこれらの業務に携わることはありません。

多くの美容室では就職して初めのうちは研修生としてできる業務をこなしながら連日これらの技術を身につけるための研修や自主練習を重ねていきます。
まずはアシスタントとしての業務をするためのテストを受け合格したり先輩から許可が出たら、先輩のアシスタントとしてブローやパーマ、カラーの助手をして独り立ちをしていきます。

そのため美容室に就職してもすぐにはハサミを握ることができず、当分の間はシャンプーや清掃、受付、片付けといった業務が中心で、仕事が終わった後に遅くまで練習をしてスキルを磨くこととなります。