神奈川は転職や就職がしやすいのか

地方に住んでいる人は特に首都圏へのあこがれがあるものです。
その中でも特に横浜は住みやすい、就職しやすいということで注目を集めています。

求人倍率も1.01倍となっており、求職者1人当たりに1件の求人がある状況です。
特に、1.01倍という数字は仕事を探している人の数よりも求人数の方が多いということになり就職活動や転職活動はしやすいと考えることができます。

東京都内に比べると物価も安いですし人の数も少ないですが、横浜は十分都会です。
生活しやすい環境であり、なおかつ仕事が見つかりやすいということで働きながら暮らすには最適な場所といえます。

神奈川ではどんな仕事があるか

神奈川といえば横浜や川崎にある京浜工業地帯が有名です。
そのため製造業やそれにかかわる技術職、整備士などの仕事は豊富にあります。

そして、みなとみらい地区にはホテルや結婚式場が多いことから接客業やブライダル関連の仕事も多くあります。
他にも箱根や湯河原のような温泉地でも観光施設での仕事や接客業の仕事が多いです。
また、共働き世帯が多いということから保育士の求人も多いですし、人口の流入も多いということで学校の教師についても就職が有利といわれています。

工業と観光業が盛んな場所であるために横浜を中心として多くの場所で様々なタイプの仕事があります。
そのため仕事を探すにあたっては困らないですし、いろいろな業種にチャレンジが可能な場所です。

仕事を探す際には有効求人倍率だけでなく職種に注目を

神奈川県内は求人も多くあり、職種も豊富にあります。
有効求人倍率で使われている数字はハローワークを通じての求人をもとに算出されており、正確とは言い切れません。
これは現在はインターネットや情報誌を活用して求人を出している企業も多いためにハローワークを中心としていることが理由です。

そこで、仕事を探すにあたっては求人倍率だけでなく職種に注目をして幅広いソースを利用して仕事を探すことがおすすめです。
いろいろなサイトを利用したり、転職エージェントを利用したりすることで様々な角度から仕事を見つけることができます。

近年では仕事の種類も増えていますし、今まではなかったような業種もみられるようになっています。
そして今後も職種の幅は広がりますしインターネットを活用して働き方も変わることが予想されていますから、きちんと自分のやりたいこと、方向性は持っておくべきです。

仕事を探す際には長く働き続けることができる仕事であることが理想といえます。
そのため目先のすぐに就職できる企業を選ぶのではなくきちんと吟味してやりたいこと、条件、福利厚生といったものからトータルして自分に合っているといえる職場を探すようにしましょう。