参考:AP貸し会議室・レンタルスペース【AP横浜】

昨今は、都市部を中心に貸し会議室やレンタルスペースのサービスが増加傾向にあります。

多くの貸し会議室は主要駅の近辺にあり、アクセスも良好であるため、これら利用して新入社員や転職社員の面接を行う企業も増えてきました。ですが、いくらアクセスが良いといっても、事故や電車遅延によるトラブルが発生しない可能性はゼロではありません。ここでは、面接をスマートに受けるための方法と、遅刻をする際における対処法のふたつを紹介します。

面接をスマートに受けるコツ

面接時間ギリギリに面接会場に着くと、面接担当者には良い印象を与えません。質問の受け答えがいくら良かったとしても、プラスに受け取られない可能性があります。

面接をスマートに受けるためにも、遅刻は厳禁です。10分前には会場に到着しておきましょう。確実に到着できる時間が5分前だと予測できれば、その時間でも問題ありませんが、初めて向かう会場であれば迷うことも考えられるため、10分が妥当です。

とはいえ、到着時間が早くても良いわけではありません。予定時刻よりもあまりに早く到着すると、面接担当者に迷惑をかけてしまいます。面接希望者が複数人いる場合、細かいスケジュールを設定している可能性もあるため、企業側がスムーズに誘導しやすい時間を考えながら行動しましょう。

もし15分前に到着した場合は、名前を確実に伝え「申し訳ございません、少し早めに到着しました。こちらの都合で大変恐れ入りますが、待たせていただいてもよろしいでしょうか」とお伝えしましょう。一言付け加えるか否かで印象は大きく異なります。企業によっては控室や待ち合いスペースに通されるため、態度や仕草は見られていると意識したうえで待ちましょう。

遅刻する際の対処法

余裕を持って自宅から出たとしても、渋滞や事故による電車の遅延・運休といったトラブルに巻き込まれることがあります。中には、面接の開始時間を誤って認識していて、当日に気付いたケースも。遅刻する場合は面接担当者に連絡するのがマストです。もし面接担当者の連絡先が分からない場合は、採用担当部署に電話しましょう。

電話で連絡をする場合は、遅刻することのお詫びはもちろん、遅れる理由と到着予定時間をきちんと伝えてください。遅れて到着した際、面接を受けられるか否かも確認しましょう。複数人の応募者がいる場合や担当者の都合によっては、面接日を別日に変更することもあります。

何かしらの都合で面接日に企業に訪問できない場合は、すぐに企業へ連絡してください。面接のスケジュールを調整してもらうことになるため、お詫びの気持ちも忘れずに伝える必要があります。

余裕を持って面接会場に向かう

面接で自分の力を十分に発揮するためにも、余裕を持って面接会場に向かうのが得策です。

早めに出発しておくと、公共交通機関のトラブルにあっても、面接時間に到着できる可能性があります。移動時間はギリギリに設定するのではなく、いつもよりも長めに見積もっておくのがベターです。また、面接会場が企業ではなく、貸し会議室やホテルで行われる場合があります。事前に面接がどこで行われるか把握するために、自宅からどれくらいかかるか一度出向くことをおすすめします。