介護福祉士の仕事

介護福祉士は日常生活に困難のある高齢者や身体的、精神的に障害のある人たちに対して直接的な介助を行っていきます。
具体的には食事の介助や排せつの介助、お風呂の介助などがありますし、ほかにも家族へのアドバイスも仕事の一つです。

似たような仕事にはホームヘルパーもあります。
ホームヘルパーの仕事は介護福祉士の仕事ととても似ていますが、資格が違います。
介護福祉士の方が資格の難易度が高いですし、取得するためにかかる年数も違いますから介護福祉士の方が就職や給与の麺では有利です。

介護の仕事をしている人たちはいろいろな呼称があります。
その中でも介護福祉士は名称独占資格です。
そのため資格を取得している人たちしか介護福祉士の名称を使うことができません。

介護福祉士になるには

介護福祉士は国家資格です。
そのため介護福祉士になるためには資格を取得することが必要で、国家試験を受験して合格するか養成施設に通って卒業することが必要になります。

国家試験を受験する場合には2つのルートがあります。
まずは3年以上の実務経験を積むことです。
もう一つは福祉系の高校を卒業するというルートであり、この二つのルートの後の資格取得方法は違います。

実務経験を積んだ場合には介護技術者講習を受けて筆記試験を受験するか、筆記試験と実技試験を受験するか、など方法を選ぶことが可能です。
同様に福祉系の高校を卒業する場合にもカリキュラムや特例高校の違いによって筆記試験と実務試験のどちらも受験するのか一方でいいのかといったことが違ってきます。

それに対して養成校を卒業すると卒業とともに介護福祉士の資格を取得することができます。
これは福祉系の大学や専門学校や短期大学などの養成施設などが当てはまり、こういった学校で規定の年数を学び卒業することができれば卒業とともに資格を取得することができるのです。

こういった養成校で学ぶことで、学校を卒業して働き始めてすぐに役立つ実践的な知識を学ぶことができます。
仕事を始めてからも役立つことが多いですし即戦力として働けるようにするためにもできれば養成校を卒業したうえで介護福祉士になることができると理想です。

神奈川で介護福祉士になるには

神奈川で介護福祉士になるには介護福祉士養成校がいくつかありますからそういった学校を卒業するのがおすすめです。
大学の福祉科と専門学校の介護福祉科とがあり、条件によって自分に合っているところを選ぶことができます。

同じように介護福祉士になるための学校でも、学校によって独自のカリキュラムがあり、勉強できることは違っているものです。
そこで、学校での授業内容、実習内容といったものを加味して学校を選ぶことが望ましいです。