東京以外の行政市で常に住みたい地域に選ばれる鎌倉

鎌倉は観光スポットも多いですし鎌倉を舞台にした映画やドラマを放送されることもあって誰もが住んでみたいと憧れる地域の一つです。
神社仏閣がならぶ古い街並みもありつつ、そういった昔の佇まいの中にうまく融合するようなおしゃれなお店や住居も多いということで、とても計画的に街が作られています。

そのため、駅周辺の市街地はとても落ち着きを見せているもののモダンで他の地域ではなかなかみられない光景です。
街歩きをしても楽しいし、近くに海もあり住んでいるだけで心が洗われるようなとても生活環境が良いエリアとして人気です。

鎌倉は本当に生活がしやすいのか

鎌倉は誰もが憧れますし住んだら良い生活ができそうと感じるものですが、本当に住んでみて生活はしやすいものなのでしょうか。
最近ではどんどんと再開発が進んでおり、特にJR大船駅では高層マンションや商業施設の再開発計画が進んでいます。

また、藤沢周辺では一気に大きなショッピングモールが立ち並び横浜市街まで出なくても十分に近場で買い物がすませるように変わりました。
行政と住民が手を取り合って鎌倉の景観を守るための取り組みも盛んです。
ゴミの有料化をすることでゴミを減らし環境美化に勤めています。

これらは生活するにあたって美しい場所に住むことができる反面手間はかかるしゴミの処理にお金がかかるということは理解しておくことが必要です。
ただし、これらの取り組みによって街の景色は美しいですし海も美しい状態を保ち続けています。
そして、このような規制があることで生活している人たちの民度の高さも維持ができています。

生活するにあたって多少の不便があるというのは当然のことです。
完璧な街というのはありません。
ですから少しの制約はあるものの、景観や趣味を楽しむことができ、休日も近くの道を散策したり、神社仏閣を巡ったり、カフェを巡ったりと楽しみながら過ごせる環境であると言えます。

鎌倉の家賃相場、生活環境

鎌倉は家賃相場がワンルームで6万円ほど、1DKでも8万円以内と一人暮らしをするにあたっては住みやすい家賃であると言えます。
ただし、住むエリアによっては駅までの道が坂道であったり、暗い道があったりということもあります。
そこで、家賃だけで決めるのではなく周辺環境を考えることも重要です。

生活をするにあたっては駅の近くにスーパーもありますし一通りのものは揃えることができます。
コンビニもありますし飲食店もありますから遅い時間でも食べ物に困ることはありません。
必要な買い物があるという時にも藤沢や大船まで出れば大体のものは揃えられます。