どんどん人気が高まる武蔵小杉

武蔵小杉は住みたい街ランキングで常に上位にあげられる地域です。
交通アクセスが良いこと、生活に便利な場所が多いこと、家賃相場、いろいろな部分を総合してとても人気を集めています。
>>住みたい街ランキング2016関東版で大注目の武蔵小杉は、共働き子育て家族が住むハイパーセレブな街!|ももねいろ

そこでここでは実際に一人暮らしをするにあたって武蔵小杉はどのような街なのかを紹介していきます。
物価や家賃相場を知った上で物件探しをすれば失敗を防ぐことができ一人暮らしの物件選びで迷うことがないです。

武蔵小杉の住みやすさ

武蔵小杉が住みやすいとされるのが鉄道の便利さです。
湘南新宿ラインが乗り入れることになったので、現在では5路線が利用できます。
ほとんどの主要駅まで乗り換えなしでアクセスできるので通勤通学にとても便利となっています。

次に、立地が良い割りに家賃相場があまり高くないのが特徴的です。
一人暮らしであればワンルーム7万円ほどで借りることができますし、1DKの物件でも10万円以内で借りられます。

駅前にはショッピングモールが並んでいますし、それ以外にもスーパーや商店街があり買い物には困りません。
夜遅くまで営業している飲食店も多いですから仕事帰りに疲れて帰ってきた時には外で食事をすることができます。

夜道も明るく交通量が多いという点では治安も悪くないですし、夜道でも女性が安心して歩くことができます。
もちろん細かな通りに入ってしまうと暗い場所もありますからその点は事前に歩いて安心して歩ける道を探しておきましょう。

昔ながらの街並みも残しつつ、最先端のタワーマンションが建っている面白い地域でもあります。
場所によって立ち並んでいる物件が違ってきますから、物件探しの際には好きなエリアを絞って探すのがオススメです。

近くの駅も利用する

武蔵小杉駅の近くには東急線ならば元住吉駅、新丸子駅があります。
どちらもそれなりに近い距離にあり、徒歩でも10分ほどで歩いていくことが可能です。
そこで、もしも武蔵小杉に絞って好みの物件がないという場合には、少し距離を広げて新丸子駅や元住吉駅に近い物件を見るのも一つの方法です。

これらは最寄り駅が新丸子や元住吉になっていたとしても、実際に歩いてや自転車であればまったく問題なく武蔵小杉に来ることができるケースが多いのです。
そのため、新丸子や元住吉を候補に入れると以外時にいる物件を見つけられることもあるのです。

また、同じ武蔵小杉駅でも南武線と湘南新宿ラインとでは駅がかなり離れています。
そのため利用する路線によって住むエリアは絞っておいた方が良いです。
同じ徒歩5分でも南武線側と湘南新宿ライン側とでは、10分近く差が出てしまいます。